A Day In The Life

とあるプログラマの備忘録

ios

面倒な課金処理をRx化するRxStoreKitを作りました

StoreKit の SKProductsRequest と SKPaymentQueue を Rx化して課金処理を簡単に書けるライブラリを GitHub にて公開しました。 github.com RxStoreKit を使うと課金処理を以下のような感じで書けます。 let productRequest = SKProductsRequest(productIden…

Swift3でMIDIファイルをパースする方法

Swift3 で MIDI ファイルのパースをしようとしたら意外に方法が見つからなくて苦労したのでメモです。 MusicEventIteratorGetEventInfo 関数で取得したデータを MIDINoteMessage オブジェクトに変換する方法がわからなくてハマりました。 import AudioToolbo…

ReSwiftのステートをRxSwiftを使って監視する

普段から RxSwift(Reactive ExtensionsのSwift実装)と ReSwift(ReduxのSwift実装)を使っています。RxSwift を通信系の処理だったりデリゲートの処理(例えば StoreKit とか CoreBluetooth)だったりに使って、ReSwiftをアプリ全体で管理しなきゃいけないデータ…

enum駆使してKeychainをUserDefaultsっぽく使う

以前、こちらの記事で enum(列挙型)を使って UserDefaults のキー名を管理する方法について紹介しました。この方法を応用(ってほど大袈裟なもんじゃないけど)して Keychain にセキュアなデータを保存してみたいと思います。 Keychainって何? API アクセスに…

Realmを前提としたリポジトリパターンの実装

いろんなところで Realm が良いと聞くようになり最近やっと Realm を使い始めました。実際 Realm を使ってみると予想していたよりも使い勝手がよく Core Data には戻れそうにないです…。ソースコードは Swift3 に対応しています。 リポジトリパターンの実装 …

Swift3で追加されたData構造体の使い方レシピ

Swift3 から Data 構造体が追加され Objective-C 時代の NSData クラスはお役御免になりました。この Data 構造体は NSData の置き換えなので、できることに違いはほとんどありません。ただしメソッドに互換性がないため NSData を使ったコードを Data に置…

Swiftのプロトコルに@objcなしでオプショナルメソッドを定義する

Swift で プロトコルを定義するときにオプショナルなメソッドを定義したい時ってありますよね。そんなときに使える小技です。 @objcを指定するよく知られた方法 Swift のプロトコルは Objective-C と違ってオプショナルメソッドを定義することができません。…

UserDefaultsのキー名をenumで管理する

NSUserDefaults あらため UserDefaults のキーを enum で管理する方法(Swift3対応)です。UserDefaults のキーを enum で管理する方法はいくつか見つけたのですが Swift3 に対応しているものが見つからなかったので書きました。 キーに文字列リテラルを直接指…

AVAudioSequencerでMIDIファイルを再生して曲の終わりにコールバックを設定する方法

AVAudioSequencerでMIDIファイルを再生して曲の終わりにコールバックを設定する方法です。AVAudioSequencer 自体にそのようなコールバックがないので CoreMIDI のコールバックを使います。CoreMIDIはSwiftのブロックではなくてC言語の関数ポインタでコールバ…

今から始める Swift 3 対策

Xcode 7.3 から Swiftのバージョンが 2.2 になりました。このバージョンから Swift 3 に向けた deprecated(非推奨)警告が出るようになったのでその対策です。 '++' is deprecated: it will be removed in Swift 3 結構話題になったインクリメント(デクリメン…

SpriteKitでUIScrollView的なスクロール処理を実装する

SpriteKit でゲームやアプリを開発していると UI 系の部品がなくて困ることがあります。SpriteKit にはラベルしかなくボタンすらないです。ましてやスクロールビューなんて贅沢なものは当然ありません。現在開発しているアプリでどうしても必要になったので…

6年前に開発したObjcのアプリをSwiftで書き直してみた

約6年前に LinkedWord という英英辞書アプリを開発しました。リリースからしばらく(2年ぐらい、時期的には iOS4とか5の時代)は機能アップデートやバグ修正をしていたのですが、本の執筆やら他のアプリの開発やらで忙しくなりしばらく放置してました。その間…

【Swift1.2対応】プロの力が身につく iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書 Swift対応版

iOS が8.3にバージョンアップしたのに伴い Xcode が6.3に Swift が1.2にバージョンアップされました。Swift 1.2ではシンタックスエラーとなりビルドできなくなるコードがあります。本書で記載しているコードだけでなく、サンプルの自動生成コードにも変更が…

Cocos2d-x でネイティブ連携する方法

Cocos2d-x でゲームを開発していると広告を表示させたり、ランキングを追加したり、課金を入れたり、SNS や Twitter と連携したり、アクセス解析をしたり、など iOS や Android の機能を使わないと実現できない機能があります(このようにプラットフォームと …

【正誤表】プロの力が身につく iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書 Swift対応版

「プロの力が身につく iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書」をお買い上げの皆様、ありがとうございます。 読者様からご指摘を頂き、誤りがありましたので訂正させていただきます。 2-3テーブルビューとコレクションビュー 148ページ、プログラム2つ目…

Cocos2d-xのゲームの構造がどのようになっているか紐解いてみる

Cocos2d-xでゲームの開発を始めてそろそろ5ヶ月たちます。とにかく作ってみるといった感じで基礎知識があるかもも怪しいまま(Scene と Layer の違いがわからんとか)開発を続けていました。最近になってiOS/Androidとのネイティブ連携ではまったり、iOSだと問…

プロの力が身につく iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書が発売されました

1月17日に「プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書」の改訂版が発売されました。改訂内容は以下の通りです。 iOS 8.1とXcode 6.1に対応 内容をすべて見直し文章を大幅に修正 新プログラミング言語 Swift に対応 よろしくお願いしま…

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング

先日こちらの記事にも書きましたが「Hedgehog Drive」というゲームをリリースしました。このアプリのゲーム部分は SpriteKit を使って実装しました。初めて SpriteKit を使ったので備忘録的にこのフレームワークの使い方をまとめてみました。 2D ゲームで使…

ゲーム開発初心者がはじめて2Dゲームを作ってみてわかったこと

こちらの記事にも書きましたが先日「Hedgehog Drive」という2Dのゲームをリリースしました。 ハリネズミと遊ぼう!指でなぞるだけのシンプルな2Dゲームをリリースしました アプリと違ってゲーム開発は初めてということもあり、苦労したところが多かったので…

ハリネズミと遊ぼう!指でなぞるだけのシンプルな2Dゲームをリリースしました

先日、iOS向けの2Dゲーム「Hedgehog Drive」をリリースしました。 画面を指でなぞって丸いセルを消していくシンプルなゲームです。アプリは無料で広告表示もありません。 4才の娘がルールを理解して遊べるようにゲームのバランス調整をするのが大変でした。…

Autolayout に対応した画面で UIScrollView を使う時のコツ

iOS 6から導入された Autolayout(オートレイアウト)を最近になって本格的に使うようになりました。 4-inch の iPhone が主流になりつつある中、アプリを Autolayout に対応させるのはほぼ必須といっても良いと思います。Storyboard と格闘してなんとかコツは…

iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書が増刷されました。

皆様ご購入ありがとうございます。 このたび「プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書」が増刷されました。 本当にありがとうございます。めちゃくちゃうれしいです。 増刷分では以下の記事に掲載した訂正箇所が修正されています。 …

ポスチュアとユーザインターフェースから見る iOS アプリのトレンド ー iOS7 の登場で変わるアプリのトレンド ー

最近読んだアラン・クーパー氏の著書『About Face 3』ではソフトウェアを「使われ方」と「見た目」の2つの視点で分類していました。拙著『プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書』の第3章では iOS アプリを実装面から分類しました。…

【訂正】プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書

「プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書」の中に誤りがありましたので訂正させていただきます。 3-3 データを活用したアプリの作り方 235ページ下から4行目 訂正前 次のように、UILabel と UITextField オブジェクトを配置します。…

NSManagedObjectでTo-Many関連を使用したときにコードの自動生成がされないバグの解決方法

Core Data の NSManagedObject クラスで以下のように To-Many(One-To-Many) 関連を使ったときにコードの自動生成をすると実装コードが生成されない場合があります。 通常の To-Many 関連では問題が起こらないのですが以下のように Ordered(順序) を指定して…

本日発売!プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書

ついにこの日がやってきました。 「プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書」本日発売です。 先ほど職場近くの「MARUZEN & JUNKUDO」さんに行ってみたらバッチリ置いてありました。感無量です。読者の皆様のアプリ開発助けになれば幸…

iOSアプリ開発の本を書きました

ご無沙汰しております。約半年ぶりの記事です。 この間、ずっと iOS アプリ開発の本を書いていました。タイトルは「プロの力を身につける iPhone/iPadアプリケーション開発の教科書」です。 出版社様から書籍執筆のお話を頂いたのが約1年半前でした。やっと…

iCloud プログラミング入門

「iOS データ設計入門」でデータはメモリ、フラッシュドライブ、iCloud に保存することができると説明しました。今回は iCloud にデータを保存して複数端末でデータを共有する方法について説明していきます。 iCloud って何? クラウドと聞くとなにやら難し…

iOS データ設計入門

ios

「iOS アプリの画面開発の基礎を理解する」でアプリの画面と画面遷移について説明しました。アプリの見た目はとても大切ですが同じぐらい大切なこととして、データの活用方法があります。 ユーザに必要なデータは何か、そのデータに価値を持たせて情報にする…

SenTestCase で非同期処理のテストをする方法

今年の2月ごろから iOS 用の HTTP 通信ライブラリの開発をしていています。 シンプルで簡単に HTTP 通信が出来るライブラリを公開しました 非同期で HTTP 通信をするだけの簡単なライブラリなんですが、ユニットテスト(Unit Test)をする時に少しコツが必要だ…

iOS アプリの画面開発の基礎を理解する

前回の記事「iOS アプリの構造がどのようになっているか紐解いてみる」で iOS アプリの構造について説明しました。深いところの説明ばかりだったのでもう少し浅いところ、画面の見た目や画面遷移を実装する方法について説明します。 ユーザの要望がどのよう…

UIViewController の基礎知識

内容が薄かったため下記ページに統合しました。 iOS アプリの画面開発の基礎を理解する

iOS アプリの構造がどのようになっているか紐解いてみる

iOS アプリの構造がどのようになっているのか理解しなくても簡単なアプリを開発することは可能です。実際自分も iOS アプリの開発をはじめたことろはそうでした。しかしアプリの構造を理解していないと複雑なアプリ、例えばタブとナビゲーションを組み合わせ…

iOS のイベント駆動をライフサイクルイベントとユーザアクションイベントにわけて理解する

iOS は タッチパネル式端末用に最適化された OS で ユーザが端末を操作しやすいように GUI の仕組みが提供されています。iOS アプリ開発では主に GUI を操作するプログラムを実装していきます。iOS の GUI プログラムはイベント駆動型と言われるプログラミン…

シンプルで簡単に HTTP 通信が出来るライブラリを公開しました

iOS で HTTP 通信をするときはいつも ASIHTTPRequest を使っていました。 しかし残念なことに最近 ASIHTTPRequest の開発が終了してしまい Automatic Reference Counting(ARC) に対応する予定もないようなので自分で ARC に対応した HTTP 通信のライブラリを…

新作アプリ即興ピアノをリリースしました。

昨日2月14日に新作iPhoneアプリ「即興ピアノ」をリリースしました。 即興ピアノは音階を固定(例えば C Major とか G Major とか)してピアノを弾くことができます。音階が固定されているので適当に弾いても音がにごらず即興演奏で弾いたかのように聴こえます…

失敗しない iOS In-App Purchase プログラミング

最近、無料アプリや無料ゲームにアプリ内課金を設置してユーザにアイテムを購入してもらうタイプのものが増えています。App Store トップセールスのうち半数以上がこの無料 + アプリ内課金で占められています。今後アプリ内課金は iPhone/iPad アプリで儲け…

サルでもわかる Core Data 入門【実装編】

サルでもわかる Core Data 入門【概念編】の続きです。今回は実際に Core Data を使ったプログラムを作成します。 サンプルアプリの概要 アドレス帳アプリを作りながら Core Data の使い方を説明していきます。 以下はサンプルアプリの画面構成です。 連絡先…

サルでもわかる Core Data 入門【概念編】

iOS でデータを永続化する方法の続きです。今回は Core Data を使ったデータの永続化方法について説明します。 本記事では複雑で習得が難しいとされている Core Data について概念編と実装編の2回に分けて説明していきます。記事の全体的な流れとしては Core…

NSUserDefaults を使ったデータの保存方法

iOS でデータを永続化する方法の続きです。今回は NSUserDefaults クラスを使ったデータの永続化方法について説明します。このクラスを使うと簡単にデータの保存と読み込みが出来るのでアプリ開発で頻繁に使用されています。 NSUserDefaults って何? アプリ…

iOS でプロパティリストを使ったデータの保存方法

iOS でオブジェクトをシリアライズする方法に続き今回もデータ永続化方法の紹介です。 iOS にはプロパティリストと呼ばれるファイル形式があります。プロパティリストは NSArray や NSDictionary クラスを使って簡単にデータの読み書きができます。 ここでは…

iOS でオブジェクトをシリアライズしてファイルに保存する方法

iOS でデータを永続化する方法の続きです。今回はシリアライズされたオブジェクトの保存方法について説明します。シリアライズされたオブジェクトはファイルで保存することが容易なためデータ永続化の際に頻繁に使用されます。 シリアライズ自体はデータの保…

iOS でデータを永続化する方法

iOS データ設計入門の続きです。前回は iOS であつかうデータ全般について書きましたが今回はデータをフラッシュドライブに保存する方法について説明します。 データの永続化って何? メモリにあるデータはアプリを終了すると消えてしまいます。 アプリを終…

UIWebViewにJSのライブラリを動的に読み込ませる方法

UIWebView で表示している HTML ページに Javascript ライブラリを動的に読み込ませる方法です。 使う場面はそうないと思いますが、興味本位で試してみたらできたので記事にしました。Google Libraries API という Javascript のライブラリを使うと簡単に出…

iOS であつかうデータの種類と生存期間

内容を全面的に見直して以下の記事に集約しました。 iOS データ設計入門

iOS 組み込みの効果音を鳴らしてみる

iOSにはいくつか組み込みの効果音が用意されていて AudioToolbox フレームワークを使うと簡単に鳴らすことが出来ます。 手順 プロジェクトに AudioToolbox.framework を追加します。 AudioServices.h をインポートします。 AudioServicesPlaySystemSound 関…

NSOperation 非並列実行モードと並列実行モードの使い分け

バックグラウンド処理を手軽に実行できる NSOperation クラスですがこのクラスをきちんと理解して使うには NSOperationQueue クラスについて理解する必要があります。 前回の記事で NSOperationQueue の使い方について説明しました。まだお読みでない方はこ…

NSOperationQueue スレッドと処理の関係

iOS4 になって NSOperationQueue クラスの仕様に追加がありました。以前は並列処理しか出来なかったのですが mainQueue メソッドが追加になり逐次処理も出来るようになりました。変更点も含めて NSOperationQueue の使い方をまとめてみます。 NSOperationQue…

マルチタスキング対応後のアプリのイベントフローをまとめてみた

※iOS 5の登場でこの記事の内容は古くなりました。最新の情報は以下の記事をご覧ください。 iOS のイベント駆動をライフサイクルイベントとユーザアクションイベントにわけて理解する iOS4で導入されたマルチタスキングですが便利な反面イベントの発生順序が…

iOSアプリ開発のメモリ管理で気をつけること

Objective-C での開発にだいぶ慣れてきたのですが、いまだメモリ管理まわりでハマることが多いのでまとめてみました。 メモリを確保してから解放するまでの流れ メモリを確保してから解放するまでの流れは以下の図のようになります(図はアップルのサイトから…