読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Day In The Life

とあるプログラマの備忘録

coLinuxで快適開発環境2

前回の続きです。

Railsの開発環境構築に必要なツールのインストールと設定を行います。

sudoのインストールと設定

sudoはroot権限で作業をするために必要なソフトです。

これがあればいちいちsuでrootになる必要がなくなります。

以下のコマンドを入れてsudoをインストールします。

$ su
Password: ←rootのパスワードを入力
# yum install sudo
...
Is this ok [y/n]: y
...
Complete!

最後にComplete!と出れば成功です。

sudoの設定をします。

# /usr/sbin/visudo

と入力すると設定ファイルが開くので真ん中あたりにある

root  ALL=(ALL) ALL
と書かれた行の下に以下を追加します。

root        ALL=(ALL) ALL
glassonion  ALL=(ALL) ALL

これでglassonionユーザでsudoコマンドが使えるようになります。

sudoのインストールが終わればrootでの作業は終わりです。

exitして一般ユーザに戻りましょう。

その他必要なソフトおよびツール

sudoのインストールが終われば後は必要なソフトをガンガンいれていきましょう。

以下のソフトを

$ sudo yum install XXXX ←XXXにはソフト名を入れる

でインストールしてください。

上記のソフト達は簡単にインストールできるはずです。



ただしlighttpdだけパスを通す必要があります。

パスを通すには以下のファイルを1行修正します。

$ vi /home/glassonion/.bash_profile
# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

PATH=$PATH:$HOME/bin:/usr/sbin ←修正

export PATH

編集が終わったら一度ログアウトして再度ログインしてください。

lighttpdコマンドを入力してバージョンが表示されれば成功です。

$ lighttpd -v
lighttpd-1.4.18 (ssl) - a light and fast webserver
Build-Date: Sep 10 2007 11:58:57

FastCGIのインストール

LightTPD上でrubyのコードを動かすにはFast CGIというソフトが必要です。

yumではインストールできないようなのでソース取ってきてコンパイルします。

$ wget http://www.fastcgi.com/dist/fcgi-2.4.0.tar.gz
$ tar -xvf fcgi-2.4.0.tar.gz
$ cd fcgi-2.4.0
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

エラーメッセージが出なかったら成功です。

ruby-fcgiのインストール

FastCGI上でrubyを動かすためにはruby-fcgiのインストールが必要です。

ruby-fcgiをインストールするにはmake,gcc,ruby-develが必要です。

上記の3つのソフトがインストールされていることを確認したら以下のコマンドでruby-fcgiをインストールsしてください。

$ wget http://rubyforge.org/frs/download.php/11368/ruby-fcgi-0.8.7.tar.gz
$ tar -xvf ruby-fcgi-0.8.7.tar.gz
$ cd ruby-fcgi-0.8.7
$ ruby install.rb config
$ ruby install.rb setup
$ sudo ruby install.rb install

ちゃんとインストールされたか確認しましょう。

$ ls -a /usr/lib/ruby/site_ruby/1.8
.  ..  fcgi.rb  gemconfigure.rb  i386-linux  rbconfig  rubygems  rubygems.rb  ubygems.rb

fcgi.rbがあればインストール成功です。

念のためirbでもためしてみましょう。正しくインストールできていれば

$ irb
irb(main):001:0>require 'fcgi'
=> true
irb(main):001:0>

と表示されるはずです。

Railsのインストール

以下のコマンドでインストールします。

sudo gem install rails
このとき依存するパッケージも一緒にインストールするか聞かれますがすべてyと入れてください。

以下のコマンドが動けは成功です。

$ rails -v
Rails 1.2.3

これで必要なソフトのインストールがほぼ終わりました。

次回はRailsの開発環境を構築してきます。
...続く