読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Day In The Life

とあるプログラマの備忘録

coLinuxで快適開発環境4

第4回目です。この回で終了です。

sambaの導入とネットワークの設定について説明します。

sambaのインストールと設定

Windowsとファイルを共有できたほうが何かと便利なのでsambaを使ってファイル共有します。

まずはsambaのインストール

$ sudo yum install samba samba-swat

sambaを起動します。

$ sudo /etc/init.d/smb start
Starting SMB services:    [  OK  ]

coLinux起動時にsambaのサービスが自動起動するように設定します。

$ sudo /sbin/chkconfig smb on

sambaのユーザを作成してユーザを有効にします。

$ sudo /usr/bin/smbpasswd -a glassonion
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user glassonion.
$ sudo /usr/bin/smbpassword -e glassonion
Enable user glassonion.

これでsambaの設定は終わりです。

ネットワークの設定(coLinux側)

Windowsからsambaの共有ファイルにアクセスするためにネットワークの設定を行います。

なぜネットワーク接続が必要かというとWindowsからsambaのファイルにアクセスするにはNAT接続が必要だからです。

...本当のところはslirp接続でsambaのファイルにアクセスする方法がわからなかっただけです。

というわけでcoLinuxから外部にアクセスする時はslirp接続、WindowsからcoLinuxに接続する時はNAT接続するように設定します。

まずネットワークの設定ファイルをコピーして新しくファイルを作成します。

$ cd /etc/sysconfig/network-scripts
$ sudo cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth1

新しく作成したifcfg-eth1を以下のように編集します。

$ sudo vi ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

次にifcfg-eth0を以下のように編集します。

$ sudo vi ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
IPADDR=192.168.0.2
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.0.1

編集が終わったらcoLinuxをシャットダウンします。

$ su -
# shutdown -h now

ネットワークの設定(Windows側)

Windows側のネットワークを設定します。

ネットワーク>プロパティ>ローカル エリア接続2>プロパティを開きインターネット プロトコル(TCP/IP)のプロパティを以下のように設定してください。

IPアドレス:192.168.0.1
サブネットマスク:255.255.255.0

Windowsのネットワーク設定画面

start-Fedora-7.batを編集で開き以下のように編集してください。

colinux-daemon.exe
  kernel=vmlinux
  initrd=initrd.gz mem=256
  cobd0="C:/coLinux/Fedora-7.img"
  cobd1="C:/coLinux/swap.img"
  root=/dev/cobd0
  eth0=tuntap
  eth1=slirp,,tcp:5901:5900/tcp:2222:22/tcp:10080:80/tcp:13000:3000 ro

編集が終わったらcoLinuxを起動してください。

ネットワーク接続が有効かどうか確認します。pingが通ればOKです。

$ ping -c 5 192.168.0.2
PING 192.168.0.2 (192.168.0.2) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.2: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.240 ms
:
$ ping -c 5 192.168.0.1
PING 192.168.0.1 (192.168.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=1 ttl=128 time=0.980 ms
:

Windowsからsambaのファイルにアクセスする

エクスプローラのアドレス欄に

\\192.168.0.2

と入力してください。

ユーザIDとパスワードを聞いてくると思うので1で作成したsambaのユーザIDとパスワードを入力してください。フォルダが見えればOKです。

sambaのファイルを開いたところ

Railsのプログラムはこの共有ファイルに保存しておくと良いでしょう。

あとはsambaの共有フォルダにネットワークドライブを割り当てていつでもアクセスできるようにすれば終わりです。

ネットワークドライブの割り当て
突っ込みどころも結構あるかと思いますがそのあたりは気づいた時に随時加筆・修正していく予定なので何か指摘等あればよろしくお願いします。