読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Day In The Life

とあるプログラマの備忘録

残業する暇があるんだったら…

生活の中にあらゆる良いものを求める人達。そんな人達の事を知りたいければ、そういう人達と同じ行動をして共感すれば、答えはすべて自分の感覚の中に見つけることができる。まずは嘘の無い誠実な人間であるべきです。豊かな生活者としての経験と感性を持っていない者達が、人のための物づくりなんて・・・。
残業残業で仕事ばかりだとせっかくユーザと同じ体験ができるかもしれない時間や勉強する時間がなくなってしまいます。
そんな人がユーザ視点でモノを作るとか到底無理だと思っています。ユーザと同じ経験をせずにユーザ視点で考えたってただの妄想だろと思ってしまいます。まぁ同じ経験をしたからといって必ずしも同じ視点に立てるとも限りませんが最低限同じ経験をする必要があるのではないかと思います。
残業なんてしてる暇があるんだったら他にもっとすることがあるはず。最近そんなことを考えるようになりました。
残業することが偉い、残業することが仕事への情熱という風潮がまだ根強く残っているような気がしますが最近ではまったく逆のことを考えてる会社もあるようです。

仕事以外の時間でどれだけ良い体験をし良い時間を過ごすかがモノづくりに大切な要素なのではないでしょうか。仕事をするなってことじゃなくて決められた時間で最高のパフォーマンスを出せるようにしたほうがいいのではないかと思うのです。
残業せざるを得ないときもあるのですがなるべく減らしたいなと、残業するということは自分の貴重な時間を削ってるということを常に頭の片隅に置いておこうと思ってます。